忍者ブログ
駅に関する情報を配信してまいります

[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大正8年(1919年)11月25日に開業。
相対式2面2線のホームに交換可能となっています。

映画「男はつらいよ」に登場した駅で、古い木造駅舎が建っています。
駅長室はという展示室のようになっていて、鉄道関連グッズが並んでいるのが見えました。

昭和47年3月31日まで浜中町営軌道が運行されていました。
かつては冬期限定で「厚岸湖白鳥ノロッコ号」が運転されており、茶内駅が終点でありました。

駅前には浜中町観光案内図があり、それなりの市街で店もございます。

この駅に関する写真はこちら

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして。10年ちょっと前に浜中町営軌道の遺構を探しに茶内駅に降り立ったことがあります。1983年の『アサヒグラフ』に浜中中学校の前のバス停の待合室として自走客車の車体が使われている写真が掲載されていたので,それを目当てに訪れてみたんですが,さすがに15年ぐらい経っていたので跡形も無くなっていました。『アサヒグラフ』の写真では結構錆があったので,きっと解体処分されてしまったのでしょうね。

この軌道は牛乳を運んでいましたが,現在はタカナシ乳業の工場でしたか。私が訪れた頃の牛乳工場の建物は軌道が営業されていた頃と同じ建物のようでした。今はどうかなあ。建て替えられたかもしれませんね。
Posted by ワブ! URL 2010.09.13 Mon 19:12 編集
ワブ!さん
貴重なコメントありがとうございます。

浜中町営軌道は三路線で営業されていたということで、私も大変興味をもっております。

実際この目で遺構を見に行きたいのですが、なかなか都合がつかずで、今回のコメントは大変ありがたいものとなりました。

今後ともよろしくです^^

Posted by 研究★室長 URL 2010.09.17 Fri 11:09 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
日も暮れてきて
列車は糸魚沢駅に到着。 なんとも味のある駅舎が特徴です。 糸魚沢を出発すると、周囲は林となり丘を上り 国道44号とは少し離れて茶内の市街に入ります。 茶内駅は列車交換もできる駅で 駅舎は古いものの新しく塗装されています。 茶内駅舎とホーム posted by (C)研究★…
From "埼玉⇔北海道 旅行研究室 公式ブログ" URL 2010.09.08 Wed 10:32
ブログ内検索
RSS 更新情報送信
  RSS 0.91
  RSS 1.0
  RSS 2.0
プロフィール
   
HN:
研究★室長
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]