忍者ブログ
駅に関する情報を配信してまいります

[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

島式ホーム1面2線の地上駅で、ホームへは構内踏切を渡る。

昭和初期には武利森林鉄道が開通。
木材や物資輸送の中継点として多くの側線を有し、貨物輸送でも賑わっていた。

丸瀬布の語源は、アイヌ語の「マルセップ」(三つの川が集まる広いところ)が転訛したもの。

駅舎と思われた建物は「丸瀬布町生涯学習館」という建物で、駅待合室も兼ねています。

かつては町の中心部でしたので、駅前の国道に出るとコンビニがございます。

この駅に関する写真
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
花のある駅へ
瀬戸瀬駅を出発すると、 国道333号線に沿って走行いたします。 3kmほどのところに、 かつては伊奈牛駅があったが1990年に廃止された。 もちろん列車からは確認できない。 街らしき風景が車窓に飛び込んでくると、 丸瀬布駅に到着いたします。 今までの駅と比べると、 ホ…
From "埼玉⇔北海道 旅行研究室 公式ブログ" URL 2011.07.24 Sun 05:15
ブログ内検索
RSS 更新情報送信
  RSS 0.91
  RSS 1.0
  RSS 2.0
プロフィール
   
HN:
研究★室長
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]