忍者ブログ
駅に関する情報を配信してまいります

[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相対式2面2線ホームの無人駅。
交換可能駅ということで、
ノロッコ号の終点となっている。

夏の「くしろ湿原ノロッコ号」運転期間には、
釧路駅から駅員が派遣され、
当日分の乗車券とノロッコ号
指定券の発売を行うことがある。

1998年に建て替えられた駅舎内には
「ノロッコ&8001」という名前の
喫茶店が併設されている。
店内には、様々な鉄道部品が飾られているほか、
食器・カップ類は実際に「トワイライトエクスプレス」
でも使われているものが出される。

駅周辺では塘路湖など見どころは多いのだが、
ノロッコ号を降りて塘路湖
に向かう観光客はほとんどいない。

たいていは駅前を少しうろうろして
同じ列車で釧路に戻るか、
観光バスでどこかに行ってしまうかである。

塘路は古くからある地名で、
釧網本線開通後は殖民軌道が引かれ、
内陸開拓の拠点となった。

昭和20年代に木炭の生産が日本一となり、
積み出しの貨車で賑わった。
現在は林業と塘路湖のワカサギ漁が盛んである。

この駅に関する写真
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
釧路湿原を眺めながら
釧路川が蛇行しながら、 接近したり少し離れたりと 車窓を楽しみながら 釧路湿原を走行する。 道路は並行していないので、 列車でなければ見られない景色となります。 一度はノロッコ号に乗車して ゆっくりと眺めていたいものです。 塘路駅を出発しますと右手に塘路湖、…
From "埼玉⇔北海道 旅行研究室 公式ブログ" URL 2010.09.28 Tue 10:22
ブログ内検索
RSS 更新情報送信
  RSS 0.91
  RSS 1.0
  RSS 2.0
プロフィール
   
HN:
研究★室長
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]