忍者ブログ
駅に関する情報を配信してまいります

[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大正3年に官設湧別軽便線の上生田原駅として開設。

単式・島式ホーム2面2線の複合ホームで、 島式ホーム側での乗降は行わず、2番乗場へは構内踏切を渡る。

かつてはここから森林鉄道も延びていました。

駅舎は道内有数の豪華な建物で、図書館とオホーツク文学館が入っている。
周辺には農業倉庫や木工場が見られ、典型的な山村の駅の趣を残しています。

特急停車駅ではあるが、この駅で乗降する客は大変少ない。
ただ、この駅周辺は見どころが多く、北海道の山村を体感するには最適であります。

この駅に関する写真
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
常紋峠を下る
15年前にこの場所を通った時は、確かここに停車して、 交換を行ったようであるが、記憶がはっきりしていない。 シェルター内はポイントがあり、 右側に分岐していくのがわかります。 例のトンネルを通るとレンガの壁がその古さを物語っている。 建設にあたっては、タコ部…
From "埼玉⇔北海道 旅行研究室 公式ブログ" URL 2011.07.18 Mon 19:45
ブログ内検索
RSS 更新情報送信
  RSS 0.91
  RSS 1.0
  RSS 2.0
プロフィール
   
HN:
研究★室長
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]